書くことの喜びは人を変えるよろこび

いますぐ書けの文章法

『 いますぐ書け、の文章法 』

こんにちは、只野貭幹(@motomiki_lab)です。
最近読んだ本をご紹介したいと思います。

文章を書くのがとても苦手です。小学校の時、夏休みの宿題で読書感想文がありました。それがもう嫌いで嫌いで。よくある話かもしれませんが、”まえがき”と”あとがき”だけを読んで、ズルして書いていました。

そんな私ですが、社会人になってから読書が好きになりました。ほとんどがビジネス書です。憧れる人や会社について、いろいろな事を知ることができて楽しかった。

小学校の時はきっと、「先生に言われて仕方なくやらされている」、と心のどこかで思っていたのかもしれません。当時は「本を読むのってつまんないよな〜」くらいしか思っていませんでしたけどね。

子どもの頃にぜんぜん読書をしなかったから、大人になった今でも文章を書くのが苦手なのでしょう。苦手意識を持ちつつ、今も文章を書いています。だから上手く書けるコツを知りたいのです。

そんな時、あるブロガーさんが紹介していたのが、本書「いますぐ書け、の文章法(著者:堀井憲一郎)」なのです。今回は素直に薦められた本を読んでみることにしました。

うまく文章を書くには?

書く

著者が主張していることは、じつにシンプルです。「文章は人を変えるために書け」、要約するとこれだけ。なるほど、自分が書いた文章を読んだ人に、何かしらの影響を与えることができたら。それはもうワクワクしますね。

でも思い返してみれば私が本を選ぶ時の基準も、「何かいい気づきを得られないかな」、と考えて本を探しています。「自分の何かを変えたい」と本を選ぶ人が、意外と多いのかもしれませんね。

もう少し内容を紹介すると「読む人の立場で書け」、「いま持っている言葉で書けばいい」、「文章は言い切らないといけない」、の3つが私の心に響きました。

やっぱり人に見せるものだから、カッコよく書きたくなります。だけど、そんな着飾ったきれいな文章ではなく、自分の言葉で書きなさいと。

つまり表題の通り「いますぐ書け」です。カッコよく書くテクニックなんてものは無い、だから自分の言葉でいますぐ書きなさいと。

スカッとしますね!うだうだ言ってないで、「よし書いてみよう」と背中を押してくれます。そして私はブログを書くことにしたのです。

もし誰かが「私も書きたいものがある」、と思い行動を起こしてくれたら嬉しいです。
最後に意外なところに話のオチがあるので、皆さんもぜひ読んでみてください。

Mindandi – jp.freepik.com によって作成された background 写真

メールマガジンはこちら

メルマガ

『プログラミング』と『考え方』を軸として、中小企業で働く40代に向けた働き方について情報をお届けします。 「なぜプログラミングなのか?」それは多くの方が《専門知識》と思っているから。だから勉強している人は、まだまだ少数です。そこにチャンスがあります。

Google Apps Script(略称:GAS)はGoogleが提供しているプログラミング環境です。Googleのアカウントを持っていれば、無料で利用することができます。プログラムが作れるようになれば、より皆さんの実務で役立てられるでしょう。少しずつ一緒に学んでいきましょう。私も会社の一員として働いている40代のビジネスパーソンです。

ABOUT US

アバター
41歳8ヶ月、新しい時代の令和を迎える10日前からプログラミングの学習を始める。平日は発達障害児を支援する施設で働く会社員。プログラミングスキルの掛け算で希少性を高め、社内で唯一無二のポジションを得る。エンジニアだけがプログラミングを活かせる働き方というわけではない。