糖質制限の食事メニュー(レシピ)は無理なく考えよう!

アイキャッチ

こんにちは、もとみき(@motomiki_lab)です。
糖質制限に興味はあるけど、「献立を考えるのが面倒くさい」と悩んでいませんか?

実は、糖質制限のレシピはたくさん紹介されているので、そんなに難しく考える必要はありません。
なぜなら、私も実際に参考にして助かっています。そして、基本的に《毎日同じ》食事メニューにしています。

この記事では、糖質制限の食事メニューについて基本的なポイントをご紹介します。
記事を読み終えると、楽しく糖質制限の食事メニューやレシピにふれるポイントが理解できます。

糖質制限の食事メニュー(レシピ)について

何事もそうですが、《継続して取り組む》ことって大切ですよね。

だけど、毎日の献立を考えるのはとても大変なことだと思います。
とあるアンケートでは、毎日の献立を考えるのが《苦痛》だという結果もありました。

そんな《ストレスを解消するため》にレシピサイトを活用していきましょう。

糖質制限とは

昨今では、ダイエットとして流行っている糖質制限ですが、糖尿病の治療食として考えられたのが始まりです。

糖尿病の予防や改善だけでなく、《健康を保つ》メリットがあります。

糖質を抑えることのメリット

糖質制限では血糖値を直接上げる《唯一の栄養素》である糖質を控えます。

そのため、食事をしても血糖値の急激な上昇を招くことはありません。だから、糖尿病だけにとどまらず、あらゆる不調や疾患の予防や改善につながるのです。

例えば、肥満の予防、合併症の予防、血糖値が下がる、アルツハイマーを予防する、がんを予防する、などが期待できます。

ダイエットにも効果がある

血糖値の急上昇が起きると《インスリンというホルモン》が分泌されます。

インスリンは別名《肥満ホルモン》と呼ばれています。過剰に分泌されることで体脂肪が蓄積され、肥満を引き起こすからです。

糖質制限は血糖値の乱高下を抑えることができます。
そのため、ダイエットにも効果的であると言われています。

糖質制限の食事メニュー(レシピ)ポイントは?

食事メニュー

たんぱく質をしっかり取る

糖質制限とは糖質を控え、その分たんぱく質や脂質をしっかり摂るという食事です。

栄養学の観点からは、《肉類や油物の過剰摂取は体に害である》と考えられていました。

しかし、最近では「脂肪摂取量が多い方が寿命が長い」とする研究もあります。慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの新井康道先生は、「特に重要な栄養素はたんぱく質である」と述べられています。

カロリーは気にしない

カロリーや脂肪を制限するのではなく、《糖質を制限した食事を摂る》ことが基本となります。

糖質さえ控えていれば、たんぱく質や脂質はしっかり食べていいのです。

つまり、カロリーを気にする必要はありません。お腹いっぱい食べましょう

お酒も飲める

お酒も種類を選べば《飲んでも大丈夫》です。
例えば、焼酎、ウイスキーなどの蒸留酒です。

また、最近では《糖質オフのビール》なども販売されていますので、それらを活用してストレスなく実践していきましょう。

ストレスなく取り組むことが大切

糖質制限の嬉しいポイントは、誰もがストレスなく取り組めるという点です。
カロリー制限のような面倒な計算は必要ありません。肉料理をたくさん食べても大丈夫です。

そのため、《食べない》という欲求不満とも無縁で、正しく種類を選べばお酒を飲むこともできます。

《ストレスがない》ということは、糖質制限を続けるために重要なポイントです。

糖質制限の食事メニューをサポートする

忙しい現代人において毎日の食事メニューに気を使うということは、とても大変なことだと思います。ましてや、手作りのお弁当を作ることなんて難しいのが現状ではないでしょうか

そんな時に頼りになるのが、《コンビニなどに売られている市販品》です。

最近では低糖質のパンや糖質ゼロの飲料、スイーツなど糖質をカットした商品も次々と登場しています。これらの商品を活用しない手はないですよね。

市販品をうまく活用しよう

低糖質ふすま粉パン

低糖質ふすま粉パン
引用元:オーマイパン
おすすめポイント
オーマイパンの低糖質ふすま粉パンは香料・着色料・保存料などの合成添加物を使わず、厳選された天然素材を贅沢に使用。

一般的な食パンよりも糖質を88%カットしたオーマイパンの「低糖質ふすま粉食パン」は、健康的な体重維持にも非常に役立ちます。

給食パン製造50年老舗オーマイパンが作る【低糖質ふすま粉パン】糖質88%カット

TRICE(健康米)

引用元:TRICE(健康米)
おすすめポイント
TRICE(トライス)は国産米粉とトウモロコシを主原料とした、天然由来の原料のみの無添加食品です。一般的なご飯と比べ、糖質・カロリーOFFはもちろん、食物繊維も豊富です。
ご購入はこちらから

まとめ:糖質制限の食事メニューを続けるには

糖質制限の食事メニューを毎日考えるのはとても大変なことだと思います。だから、私は《食事メニューを固定》しています。

具体的には、朝食、夕食はほぼ毎日《同じ糖質制限の食事メニュー》にしています。こうすれば「何を食べようかな」と悩むことがなくなるので、無理なく糖質制限に取り組むことができます。

また、「1食の糖質は何グラムまで」または「1日の糖質は何グラムまで」、と決めて取り組むのはどうでしょうか?《選択する回数》を減らすことは、ストレスなく続けて行くことに大切なことだと思います。

「絶対に糖質を取らない」ということではなく、「《糖質過多の食事メニュー》を改善する」ということにポイントを置いて取り組むことが重要です。

私は糖質制限に取り組んだ実体験として《偏頭痛》がなくなりました。だから、糖質制限を勧めています。

是非、皆さんも気軽に糖質を抑えた食事メニューを、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ABOUT US

アバター
副業のために40代でプログラミング学習を始める。発達障害児の療育に携わる会社員として過ごしながら、「ダイコンこども食堂」を主催。23歳で会社を設立するが失敗。再起して35歳で飲食店を経営するが、またもや事業に失敗し貯金がゼロになる。そこから福祉業界に転身して複業との掛け算で自己実現を目指す。