プログラミングに向いていない?その傾向と転職エージェントも紹介

アイキャッチ

こんにちは、もとみき(@motomiki_lab)です。
最近ではプログラミング学習サイトが充実したことで、簡単にプログラミングの勉強を始められるようになりました。

だけど、プログラミング学習がつらくて「向いていないのかな…」と、悩んだ経験が誰でも一度はあるはずです。

私もそうでした。

もしかしたら《転職》を考えた人もいるかもしれませんね。

エンジニアを目指してプログラミング学習を始めたけれど、「つらくて辞めようかな」と向いていないと感じ、転職も視野に入れて悩んでいる人に向けた記事になります。

プログラミングに向いていない人の傾向

物事に《向き不向き》は確かにあります。《面白い》と感じて取り組めている、という感覚でしょうか。

プログラミングを仕事として向き合うからには、楽しく過ごせないと長続きしないのは明白です。

だから、もし「向いていないのかな?」と疑問を抱いているのであれば、一度気持ちを整理してみましょう。そうすることで、《対策》を考えることもできます。

目標が曖昧で勉強嫌い

そもそも、なんでプログラミングを学ぼうと思ったのでしょうか?お金を稼ぐため、何かWebサービスやアプリを作るためでしょうか。

目指すべきことを見失ってしまうと、モチベーションを維持することも難しくなります。

IT業界は変化のスピードが早い世界です。新しい技術やトレンドが生まれ、常に変化を求められる状況に身を置かなければなりません。

だからプログラミングは継続的に学ぶことが求められ、その行動が《武器》となります。目標が曖昧で勉強嫌いでは、残念ながら《向いていない》と考えられます。

地味な作業が嫌い

コードを書き終えて「よし完成だ!」と思っても、「あれ意図したように動かないぞ」ということは多々あります。

一文字でも間違えるとエラーが出るし、全角スペースと半角スペースの入力ミスでもダメなのです。そして、これを探し出すのがまた大変な作業となります。

テレビドラマなどの影響で、「スタイリッシュでカッコイイ仕事をしているイメージ」を持っている人が多いですよね。

だけど実際のエンジニアは《地味な作業》を行っています。コツコツと膨大なコードを地道に書いて行くのです。一文字でも間違えると動きません。

この地味な作業が《苦痛》と感じてしまうと、プログラミングに《向いていない》でしょう。

コミュニケーションが苦手

チームで開発を行こなうエンジニアにとって、《コミュニケーション能力》は重要です。

チーム内の誰がどれくらい作業が進んでいるか、状況を俯瞰して見るて適切な判断をしなければなりません。活発なコミュニケーションで、チームの生産性を向上させることができます。

コミュニケーションが苦手な人は、残念ながら《向いていない》と考えられます。またはコミュニケーションが苦手な人は、《タスク管理ツール》の導入で補うこともできるでしょう。

アイキャッチ

プログラミングに活用!|タスク管理のツール選定ポイントなどを紹介

2019年8月17日

向いていないと思ったら転職もあり

転職エージェントへ相談

もし「プログラミングに向いていない」と感じたら、《転職》ひとつの選択肢かもしれません。

そんな時は、転職エージェントに相談してみましょう。きっと有益な情報を得られるはずです。

またプログラミングを《副業》にして、転職をするという選択肢もあります。最近話題の《motoさん》が発信する情報はすごく参考になりますよ。

TechClipsエージェント

TechClipsエージェント
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】

プログラミングの「向いていない」を見定めてみよう

忙しい毎日を送っている現代人は、「時間を無駄にしたくない」と考える人が多い。「時は金なり」ですね。

そんな時は《プログラミング学習サイト》を活用しましょう。在宅にて勉強ができて、しかも無料で始められる。本当に「プログラミングに向いていないのか」、を見定めるために活用することができます。

まずは無料学習を始めてみよう

おすすめするProgateは学習を始める準備も不要です。筆記用具や参考書を用意する必要がなく、思い立ったらすぐに学習を始められる気軽さも魅了です。

またアプリでもプログラミングを学ぶことができます。これでスマートフォンを使って、《スキマ時間》を活用して効率的に勉強を進めることも可能です。

アイキャッチ

無料プログラミング学習サイト5選、初心者が独学でもスキルを学べる

2019年7月14日

まとめ:プログラミングに向き不向きは関係ない

晴天の空

確かにプログラミングに《向いていない人の傾向》はあるのですが、それを克服する方法もあります。

本質的なことは《目標の設定》です。プログラミングを始めたのは、何かしらの《動機》があったはずです。そのことにしっかりと向き合えれば、目的を見失わず目標に向かうことができます。

または《ツール》を導入することで補うことも可能です。環境を整えつつ小さな目標を設定して、一歩ずつ達成して成長して行きましょう。

《向いていない》はあくまで傾向に過ぎません。

ABOUTこの記事をかいた人

副業のために40代でプログラミング学習を始める。発達障害児の療育に携わる会社員として過ごしながら、「ダイコンこども食堂」を主催。23歳で会社を設立するが失敗。再起して35歳で飲食店を経営するが、またもや事業に失敗し貯金がゼロになる。そこから福祉業界に転身して複業との掛け算で自己実現を目指す。